自分のビジネスは自分で守ろう!

業務委託契約、代理店契約、ライセンス契約、規約の作成

「あたらしく契約書を作りたい」

契約書作成には手間と時間がかかるうえに、自分だけで考えても不足している部分がでてきたりします。「自社でもつくれるけど、正直手が回らない!」「第三者の客観的な視点をいかして、ちゃんとしたものをつくりたい」

 

そのようなときは、平成15年から契約書だけをつくり続けてきた契約書専門の行政書士をご利用ください。ヒアリングの後、一般的な条文をつけ加えて下書きを作成し、ご確認いただいてから修正して完成します。

 

メールフォームでご相談下さい。

まずはヒアリング

メールのみでご相談いただけます。

伺った内容に基づいて、こちらで下書きを作成いたします。任意の項目は取材しますが、一般的な条項はこちらで推察してご提案もいたします。その後修正することで確定させます。

ご確認と修正の指示

下書きを確認して、修正の指示をしてください。「良いと思ったがあとから修正箇所が出てきた」などの場合も遠慮なくご指示ください。契約書は交渉の結果で変わるため修正はつきものです。後でトラブルになるよりも、今のうちに修正していきます。

仕上げ・納品

仕上げをしてワードファイル形式で納品します。ここまででおおむね2週間前後です(お客様が確認に要する時間などによって異なります)。あなたのビジネスを守る契約書をお使いください!

 

メニューと料金

【あなたのビジネスを守る契約書の作成

・代理店契約書の作成 10万円+税

・ライセンス契約書の作成 10万円+税

・フランチャイズ契約書の作成 15万円+税

(その他の契約書の作成はお見積もりさせてください。)

・ヒアリング、修正、仕上げの3ステップで作成します。

・最終的な完成までの平均的な時間はおおむね2~3週間です

(ヒアリングから、お客様ご自身のチェック時間、修正等を含みます)。

・ひとつひとつ細かい指示をいただけなくても、必要な条項をこちらから提案することも可能です。

・納品ファイル形式はワードファイルです。

・修正対象期間は下書きの提出から14日間です。

・当事務所過失による修正は無制限に対応します。

【あなたのビジネスを守る契約書のチェック】

・契約書のレビュー 1通(10ページ以内)5万円+税

・「全体的にチェックしておかしなところがあれば教えてほしい。」というときに。

・平均的な時間はおおむね3営業日前後です。

・気になっている点、ご心配な点があればご依頼の際に申し付けてください。

・不利な点、直したほうが良さそうな点をご報告、意見提示します。

・納品ファイル形式はワードファイルです。

【契約書の個別相談】

・一回90分までの契約書改善に関するコンサルテーション 2万円+税

・ちょっと気になる、相談したい、わからない部分だけ教えてほしい。等に。

・契約書の内容、改善提案、ご相談(方針決定、有利変更、セカンドオピニオン等)

・お電話または面談でのご相談料金です。必ず事前にご予約ください。

・出張による場合には、交通費等諸経費の取扱いについて事前に協議させていただきます。

・事前のメールのやりとりは原則として無料です。

 

「具体的かつ的確なアドバイスを誠にありがとうございました。
自身もクリアとなり非常に助かりました。」
(お客様の声より)

メールフォームからご相談ください

まずはご質問やお悩みの事柄をメールでご相談ください。お見積もりのみでも歓迎いたします。

 

行政書士 竹永 大(たけながひろし)プロフィール

1973年東京生まれ

多摩大学経営情報学部卒業

2003年(平成15年)竹永行政書士事務所設立

以来、合意書、協議書、契約書のみを専門に作成。

■著書「わかる!使える!契約書の基本」(PHPビジネス新書)

「契約書の読み方・作り方」(日本能率協会マネジメントセンター) 

■研修講師 「一般社団法人行政書士の学校」様/「一般社団法人御苑塾」様/「経営管理研究所」様/ほか

あなたのビジネスを守るために

はじめまして。契約書を専門にしている行政書士、竹永大です。

「自分のビジネスは自分で守ろう! 契約書でね。」・・・というフレーズがわれながら気にいってます。契約書はビジネスを守るもの。うまく使いこなせるように、主に情報発信をすることによってお手伝いします。

理由

つまり、あくまでもご自身で契約書を読んだりつくったりしていただくことがゴールです。ただ、特にあたらしいビジネスを立ち上げる際などは、いちから作成しなければなりません。そして契約書作成には、手間と時間がかかるうえに、自分だけで考えても、不足している部分がでてきたりします。当然それは他のお仕事で忙しいあなたにとって、とても大変なことではないでしょうか。

「自分でもつくれるけど、正直手が回らない!」
「第三者の客観的な視点で、ちゃんとしたものをつくりたい」

そのようなときは、平成15年から契約書だけをつくり続けてきた契約書専門の行政書士(=竹永大)をぜひご利用ください。ヒアリング(メールで構いません)の後、あなたのビジネスに合った条文をつくり、一般的な条文についてはこちらでつけ加えさせていただいて下書きを作成し、あなたにご確認いただいてから修正する。このような手順を通して、あなたのビジネスを守る契約書を完成させます。

予算

気になる料金ですが、内訳を説明します。①相談料(あなたのビジネスにあった契約が何かをじっくり考えます)、②起案料(原稿料のようなものです)、③修正料(どうしても下書きのあとで微調整が必要になります)、そして締結までの④コミュニケーション料(印紙は貼るのかとか、相手がこういってきたけどどう思うか、といったやり取りに対応いたします)があります。そこで全部まとめた費用をシンプルに「作成料」として事前にお見積りさせていただきます(報酬の目安は10万円~ですが、具体的には上記にも載せていますので、どうぞ事前にご覧ください)。

実績

某公社さま、エージェンシー会社さま(複数)、IT関連企業さま(複数)からも、速さと丁寧さを絶賛いただいています。

多いものは「業務委託契約」「代理店契約」「ライセンス契約」であり、平均的には2週間ほどでできあがります(お客様のご都合により、これより長引いてしまうことはあります)。

メールでのご相談、お問い合わせは無料(メール相談のみ)ですから、気になった方はまずは下のフォームからご連絡ください。あなたのビジネスを守るために、腕をふるいたいと存じます。どうぞよろしくお願いします。

行政書士 竹永 大

  • Facebook - Black Circle

契約書の専門家 竹永行政書士事務所

連絡先:東京都新宿区新宿1-3-8YKB新宿御苑4階受付